御影智久による、幻想ノ宴専用のブログです。


by ex-luna

<   2006年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

博麗千社札祭~伍の巻~

宴平日に参加してきました。


今日の参加デッキは、ちょっと趣向を凝らしてみました。
いつもは紫で参加しているのですが、本日は思いつきで作ったデッキで。


リーダー:霊夢(Lv3) サポート:魔理沙(Lv1)

スペル(8種24枚)
霊夢(7種21枚)
≪夢符「二重結界」≫:3
≪霊符「夢想封印 集」≫:3
≪霊符「夢想封印 散」≫:3
≪神技「八方鬼縛陣」≫:3
≪大結界「博麗弾幕結界」≫:3
≪神霊「夢想封印 瞬」≫:3
≪無題「空を飛ぶ不思議な巫女」≫:3
魔理沙(1種3枚)
≪光符「アースライトレイ」≫:3

サポート(4種11枚)
≪イリュージョンレーザー≫:3
≪調伏≫:3
≪天賦の才≫:3
≪博麗大結界≫:2

イベント(2種5枚)
≪無重力≫:3
≪問答無用≫:2


霊夢の攻撃力の無さを、魔理沙の貫通でカバーしてみた。
回避イベントは≪無重力≫のみにし、むしろ咲夜対策に≪博麗大結界≫を入れた。
回避・防壁ともに優れたデッキという仕様・・・もとい、中途半端な気もする。



1回戦 フルタさん リーダー:妖夢(Lv3) 咲夜(Lv1)

さて、相手は妖夢だがサポートに咲夜がいる。
さらにLv3以上なので≪師の教え≫まである。
引いてないことを祈ろう・・・とそう考えて、とりあえず≪天賦の才≫で回避をしつつ≪神技「八方鬼縛陣」≫で殴ることにする。
で、とりあえず1発殴ったはいいが、相手は見事に二刀と≪師の教え≫が揃う。
さらに≪天上剣「天人の五衰」≫が起きて、これは≪無題「空を飛ぶ不思議な巫女」≫じゃないと回避が出きない。
と思ったら、なんと次のツモが≪無題「空を飛ぶ不思議な巫女」≫という神ドロー。
設置して起こし、守りに入る。
とはいうものの、相手は≪天上剣「天人の五衰」≫で殴って≪無題「空を飛ぶ不思議な巫女」≫で回避されてもバックをもらうことが無い。
なので、相手の手札を削るためにガンガン殴ってくる。
こちらはようやく引いた≪神霊「夢想封印 瞬」≫に≪イリュージョンレーザー≫をつける。
防壁の上から殴ることにするが、維持コストが何気にきつい。
何故ならこっちは、≪無題「空を飛ぶ不思議な巫女」≫の維持のためスペルを出せず、さらに決死で避けているためだ。
なので、時々≪無題「空を飛ぶ不思議な巫女」≫で殴って相手のスペルを寝かせるようにもする。
殴ればさすがにスルーすることは出来ず、相手も殴りに使うはずだった≪天上剣「天人の五衰」≫で受けてくれる。
そんなこんなで、なんとか苦しいのを誤魔化して相手にダメージを乗せる。
相手を残り5点まで削って、次のターン≪神霊「夢想封印 瞬」≫で殴れば勝利という場面へきた。
現在のライフは9なので、≪天上剣「天人の五衰」≫で殴られて≪離剣の見≫で命中させられたとしても、4+1≪楼観剣≫+2≪師の教え≫=7なので死なない。
相手は殴ってはきたが、≪離剣の見≫は無いようでこっちは決死判定で回避。
返しのターンに貫通5点を通して勝利。

しかしここで思わぬ事実が。
相手の手札になんと≪最後の砦≫があったそうな・・・・。
命中が5+2+2=9、打点も4+1+2+2=9
つまり直撃9点で死んでいたという事実が発覚・・・。危なかった・・・。

1-0


2回戦 DDDさん L:レミリア(Lv3) 咲夜(Lv1)

さて、前回平日に出たときにも当たりました。
デッキはレミリア・・・に、咲夜がいる。
また≪離剣の見≫の恐怖をまといながら戦う羽目になるのか・・・。
2ターン目、いきなり相手は≪必殺「ハートブレイク」≫を立ててきた。
つまり、それは≪離剣の見≫があるということなんだろうな。
さてここで考える。

1:≪調伏≫を貼って未然に回避
2:スペルを立てずに手札の≪無重力≫で回避
3:≪霊符「夢想封印 集」≫で受け、甘んじて≪離剣の見≫+決死される。

ここで≪神技「八方鬼縛陣」≫があれば迷わないが、無いのでこの選択を迫られた。
3だけはなんとなく嫌な気がする。
1か2になるのだが、手札に≪調伏≫は2枚あるので、1を選択。
もちろん相手は≪必殺「ハートブレイク」≫が死に札になったうえ、こっちがパンチしないので呪力も1点ずつ毎ターン損をしてくれる。
つまり手札1枚交換をしてても得をすると見て≪調伏≫を使用した。
とりあえずこちら、4ターン目に≪天賦の才≫を引いたので使わずに貯めていた呪力で≪天賦の才≫を設置。
そして≪霊符「夢想封印 散」≫と≪霊符「夢想封印 集」≫を駆使して戦うことに。
向こうは≪「紅色の幻想郷」≫を引くのを待つような動きになった。
こちらは≪神技「八方鬼縛陣」≫を引いたので、それで殴ることにした。
ちょうど同じころに相手は≪「紅色の幻想郷」≫を出してきた。だが呪力が足りないので寝たまま。
とりあえず≪神技「八方鬼縛陣」≫でこちらは殴り、相手のライフを削る。
相手が≪「紅色の幻想郷」≫を立てたので、≪調伏≫でおとなしくしてもらおう。
だが向こうはついに≪亡き王女の為のセプテット≫を設置。
これで状況が大きく変わってしまった。
なんと≪無題「空を飛ぶ不思議な巫女」≫でも、霊夢の能力で低速移動1+決死をしてようやく回避できる状態。
こちら、呪力は16あるのでそれを決行すべく≪無題「空を飛ぶ不思議な巫女」≫を立てる。
≪無題「空を飛ぶ不思議な巫女」≫受け→≪「紅色の幻想郷」≫の能力起動→霊夢の能力起動で回避を狙う。
だが相手から≪離剣の見≫が。手札を減らしたくないが、≪無重力≫を。
するとさらに≪離剣の見≫が出現・・・。
8点直撃してしまう。
前にもバックをもらっていたので、僕の残りライフは7点。
相手は呪力を使いすぎて≪「紅色の幻想郷」≫を起こせない。
だがこちらもそれは同じで、≪無題「空を飛ぶ不思議な巫女」≫は起こせない。
次のターンに≪博麗大結界≫を引き、≪亡き王女の為のセプテット≫からは逃れる。
相手は再び≪「紅色の幻想郷」≫を起こしてきた。こちらは呪力に乏しいため≪大結界「博麗弾幕結界」≫を起こして1ターン凌ぐことに。
能力を向こうは使い、4点直撃・・・が、さらに何故か≪離剣の見≫を使おうとする。
だがもともと当たるので、相手は思い直して使用を止めた。
つまり相手の手には≪離剣の見≫があるってことなので、ただ≪無題「空を飛ぶ不思議な巫女」≫で受けたのでは回避しきれない。
すると、次のこちらのドローが≪問答無用≫だった。
これは・・・と思い、とりあえずこちらは≪神技「八方鬼縛陣」≫で殴り、このターンを凌げば相手を倒せる状態に持っていく。
で、運命の相手のターン。
相手の≪離剣の見≫と≪全方位攻撃≫は、≪問答無用≫で凌げるわけで。
つまりこれは勝てるのではないか!
さあ、そちら充填フェイズですが何か!?

つ「≪畏怖すべき存在≫」

(´・ω・`)...
(´・ω:;.:...
(´:;.:...
:;.:...

1-1


3回戦 上天Makes Revolution L:妖夢(Lv2) 幽々子(Lv2)

シャアさんでした。
キャラ構成は、ダンクーガLv2とドリキャスLv2らしいです。
で、ここ3大会で連続対戦しているエターナル斬。
こちらの初手には、≪神技「八方鬼縛陣」≫がある。これはいい初手だ。
・・・だけど、3枚あるのはどうかと思うんだが。
まあとりあえずは≪霊符「夢想封印 散」≫を配置、さらに≪神技「八方鬼縛陣」≫も設置。
相手はどうやら呪力を貯めてくるようだった。
とりあえず一発ずつ殴りあうと、相手は≪幽曲「リポジトリ・オブ・ヒロカワ」≫に≪悉皆彷徨≫を付けて来た。
さすがにそうなると痛いので、こちらは≪神技「八方鬼縛陣」≫で殴り、3点2点とライフの推移がマイナスにならないようにする。
程なくして≪博麗大結界≫を設置すると状況が変わる。
こちらが≪霊符「夢想封印 瞬」≫を引いて場に出すと、相手は2枚目の≪幽曲「リポジトリ・オブ・ヒロカワ」≫に≪蝶弾≫が。
だがこちら、≪博麗大結界≫+≪大結界「博麗弾幕結界」≫で防壁が3。
相手の攻撃を最大1点に抑えるという優秀さを発揮する。
結果的にこちら、≪幽曲「リポジトリ・オブ・ヒロカワ」≫を≪大結界「博麗弾幕結界」≫で受け、≪天賦の才≫の能力を起動してバックで倒しました。
だが仮に次のターンでいいや、と持ち越したら≪対岸の誘い≫で削り殺されていたという。

2-1


順位4位でした。
霊夢を初めて使ってみましたが、相手にしてる感覚よりかなり必死になりますね。
デッキの方は少し改築してみました。

≪問答無用≫2→0
≪香霖堂≫0→1
≪直感≫0→1


≪香霖堂≫と≪博麗大結界≫は迷うところなんですよね。
≪香霖堂≫だと、≪無題「空を飛ぶ不思議な巫女」≫の維持が楽になります。
ですが≪博麗大結界≫だと、霊夢ではきつい咲夜と戦えるようになるんですよね。
今回優勝した神嶋の使ってた(正確にはメイド長さんのデッキ)咲夜Lv4は無理ですけどね。

次空くのはいつになることやら・・・。
宴のスキルももっと磨かなきゃならんですよ。
[PR]
by ex-luna | 2006-07-25 04:07 | レポート関係
霊夢編

L:レミリアLv1 霊夢Lv2 アリスLv1

スペル(8種24枚)
(霊夢6種18枚)
≪夢符「二重結界」≫:3
≪霊符「夢想封印 集」≫:3
≪霊符「夢想封印 散」≫:3
≪宝符「陰陽宝玉」≫:3
≪神技「八方鬼縛陣」≫:3
≪博麗大結界≫:3
(レミリア1種3枚)
≪天罰「スターオブダビデ」≫:3
(アリス1種3枚)
≪魔符「アーティフルサクリファイス」≫:3

サポート(2種8枚)
≪調伏≫:3
≪香霖堂≫:2
≪支配するもの≫:3

イベント(3種8枚)
≪パターン避け≫:3
≪無重力≫:3
≪直感≫:2

回避と防壁が優秀で、どんな状況にも対応・・・と思ったら、Lv3スペル相手にボコボコに。悪くは無さそうだったんだが、難しいなぁ。


幽々子編

L:レミリアLv1 幽々子Lv2 アリスLv1

スペル(8種24枚)
(幽々子6種18枚)
≪冥符「黄泉平坂行路」≫:3
≪死符「ギャストリドリーム」≫:3
≪亡郷「亡我郷」≫:3
≪亡舞「生者必滅の理」≫:3
≪幽曲「リポジトリ・オブ・ヒロカワ」≫:3
≪桜符「完全なる墨染の桜」≫:3
(レミリア1種3枚)
≪天罰「スターオブダビデ」≫:3
(アリス1種3枚)
≪魔符「アーティフルサクリファイス」≫:3

サポート(4種10枚)
≪香霖堂≫:2
≪悉皆彷徨≫:3
≪森羅結界≫:2
≪支配するもの≫:3

イベント(2種6枚)
≪パターン避け≫:3
≪対岸の誘い≫:3


リーダーをアリスにして、≪必殺「ハートブレイク」≫を生かすことも考えた。
また、≪デーモンロードウォーク≫と≪胡蝶夢の舞≫両方入るので、回避を高めようとも思ったが、この形に。
相手のシーンにも対策したいので、こんな形を取りました。
[PR]
by ex-luna | 2006-07-18 21:30 | デッキ製作

≪支配するもの≫

今回の題材は、先日のとおり≪支配するもの≫で。

まず≪支配するもの≫とはなんぞや?と言う人がいるかも知れません。
というか、アリスとレミリアが使用条件1ずつとあるので、「使わないだろこれ」と思われても仕方ないかもですね。


≪支配するもの≫はリーダーサポートのカードで
「使用条件に『自分のリーダー』が含まれていない自分のスペル全ては、「攻撃+1/迎撃+1/命中+1」を得る」
という能力です。わかりやすく言うと≪悉皆彷徨≫が全部に着きますよ、って感じですね。
そう考えると、馬鹿にしたものではない・・・というか、かなり強いんじゃない?と思います。
では実際に、このカードを使ってデッキを考えて見ましょう。

このカードを使ってデッキを作るには、4種類の組み合わせがあります。
3:1/2:2/1:1:2/1:1:1:1です。
ですが、申し訳無いのですが3:1/2:2については考察を省きます。

何故なら、レミリア3・アリス1の場合。
≪支配するもの≫を生かすならアリスをリーダーにしなくてはいけません。ですが、レミリアには≪亡き王女の為のセプテット≫というカードが存在します。
これはシーンサポートで、上書きされてしまいますが≪支配するもの≫の上位互換です。素直にこっちにしましょう。
同じくアリス3レミリア1の場合。こっちはもっと顕著です。
せっかくのアリスLv3なのに、人形が使えません。
さすがに正直・・・無いですね。
2:2でも同じことが言えますので、割愛します。

続いて1:1:2のデッキの場合。
これは結構ありではないかと思います。
Lv2スペルまで来れば、結構な戦力になるスペルがあり、さらに≪支配するもの≫で強化すれば一線級まで成長すると思われます。
しかもイベントやサポートなどもそのキャラ特有のものが使用可能になりますしね。
ただ、Lv3にした方が・・・という可能性は否めない場合もあるかもですが。

最後に1:1:1:1です。
これは≪ネクロファンタジア≫で完全に死滅してしまうので、張り替え用のシーンサポート、もしくは≪神隠し≫は欲しいところ。
まあ、投入率は低いので、気にしないというのもありですけどね。≪亡き王女の為のセプテット≫や≪森羅結界≫もありますし、結局何かしら欲しいです。
さて、各種1の場合は、スペル選択が豊富になります。
各キャラ4種の合計16種類から選択が可能になります。
それと、カップリングサポート・イベントも使いやすくなるでしょうね。


ではまず、1:1:2のデッキから考えて見ましょう。

2になる部分のキャラクターは7種類います。
申し訳ないですが、アリスは省きます。

1:霊夢
Lv2に≪神技「八方鬼縛陣」≫・≪大結界「博麗弾幕結界」≫があり、かなり強力・・・というか、いやらしいスペルがあります。
さらにイベントに≪無重力≫、サポートに≪調伏≫などがあり、環境にとっては≪博麗アミュレット≫も使えるため、万能な働きが期待できそうです。

2:魔理沙
Lv3スペルがお馬鹿な性能のため、ついつい軽視してしまいそう。
ですが、≪光符「アースライトレイ」≫、≪魔空「アステロイドベルト」≫、≪恋符「マスタースパーク」≫は中々の性能。
もともと命中は少々低いが、攻撃力が抜群なので、悪くないのかもしれない。

3:咲夜
咲夜のスペルに攻撃力が。
実は咲夜のスペルって、Lv2までは思ったほど命中が高くないのですよね。
なので、これで≪幻在「クロックコープス」≫も使えるようになります。
あと・・・≪時間停止≫ってLv2なんですよねw

4:妖夢
これは結構いい感じになりそう。
妖夢の場合、低レベルスペルに防壁も貫通もある。
ただ命中が低いので、それを≪支配するもの≫でサポートすると、いい感じになりそうですね。
ただ、サポートとイベントが少々辛いところかなぁ。

5:紫
これはリーダーにしたいなぁ、とか思ってしまいます。
ですが、スペルも結構優秀なんですよね。
≪結界「夢と現の呪」≫は言うまでも無く、≪境符「四重結界」≫と≪罔両「八雲紫の神隠し」≫があります。
サポートも≪式神:八雲藍≫、≪八雲卍傘≫があり、イベントも≪神隠し≫があるので、機能しそうですね。

6:幽々子
今回作ろうとしているデッキの筆頭。
≪幽曲「リポジトリ・オブ・ヒロカワ」≫に≪悉皆彷徨≫なんて着いたら、どこのエンドカードですか?って性能に。
≪対岸の誘い≫もあり、ごり押しも出来そう。
これは中々強くなりそう。命中サポートすれば、打点も期待できるしね。起動呪力が重めなのが難点かな。

7:レミリア
一瞬どうかな・・・と思いました。
≪「紅色の幻想郷」≫を削ってまでのことかなぁ、とも思うのですが、少し考え方を変えてみようかと。
紫をリーダーにすれば、≪支配するもの≫を張ってパンチということも可能なので、案外悪くなさそう。
≪サーヴァントフライヤー≫もありますしね。


1:1:1:1は、それこそ大変な数の組み合わせがありますw
とりあえずは、ありそうな組み合わせを・・・。

1:紫&幽々子
言うまでも無く、≪幽明境を異にする≫を使うため。
だが、貫通スペルが≪必殺「ハートブレイク」≫しかないため、防壁スペルを戻せないと止まってしまいそう。

2:妖夢&幽々子
スペルの命中は足りないが、それを≪支配するもの≫でサポートできる。
貫通スペルもある。だが、上げても軒並み命中は4なので、回避されやすい欠点が。
防壁はイベントで≪御庭番≫があるので、防御は取れそう。

3:咲夜&妖夢
Lv1スペルの性能がよく、命中も補正可能。
さらにイベントに≪離剣の見≫と≪最後の砦≫があり、逆転可能な一打を狙えそうである。


ぱっと思いついたところでは、こんな感じ。
他に良さそうな組み合わせ、もしくは考察があったらそれも聞いてみたいと思います。
現在組んだのは霊夢支配と幽々子支配。
後ほどレシピも上げてみようかな、と思います。
[PR]
by ex-luna | 2006-07-18 21:05 | デッキ考察

蒲田幻想物語

前日、宴の大会の調整を兼ねてTIZ邸へ。
調整は失敗し、西入したところで12000振込み、1半荘目はラス。
2半荘目はTIZさんに独走されて結局3着。

・・・・・・どうみても麻雀です、本当にありがとうございました。



さて、日が明けて会場へ。
今度こそしっかりとデッキを組んで試合前の調整をすべく隣の公園へ。
グローブとボールを持ち、肩慣らしをしてキャッチボールをしてきました。

そんなこんなで参加したデッキがこれ。




デッキ名:「虹川 月」(ニジカワ ライト)


リーダー:八雲紫Lv3 サポート:西行寺幽々子Lv1

スペル:8種23枚
紫(7種21枚)
≪結界「夢と現の呪」≫:3
≪結界「動と静の均衡」≫:3
≪式神「八雲藍」≫:3
≪境符「四重結界」≫:3
≪罔両「八雲紫の神隠し」≫:3
≪結界「生と死の境界」≫:3
≪紫奥義「弾幕結界」≫:3
幽々子(1種2枚)
≪亡郷「亡我郷」≫:2

サポート:3種5枚
≪八雲卍傘≫:1
≪式神:八雲藍≫:3
≪森羅結界≫:1

イベント:4種12枚
≪神隠し≫:3
≪パターン避け≫:3
≪式神強化≫:3
≪幽明境を異にする≫:3


この前、妖夢と魔理沙に散々な目に会ったので、今回は≪森羅結界≫を採用。
沙雪さんの記事を見て感銘を受け、命運を託すことにしました。
後はいつものとおりのデッキ内容となっております。

デッキ名に関しては、突っ込みどころは無いと思うので割愛。



1回戦 k5さん リーダー:紫Lv3 レミリアLv1


さて、幻想ノ宴のチャンプです。
実は前日にミントで会っているのですよねw
リーダーオープンすると、僕が公式に参加したキャラ構成でした。
自分で使っていて、利点と欠点を見てきたので、少し冷静に対処することが出来そうだ。

さて、こちら初手に≪結界「夢と現の呪」≫が2枚あり、≪式神:八雲藍≫もある。
まずは≪結界「夢と現の呪」≫をセットしてエンドをする。
相手の動きとしては、≪天罰「スターオブダビデ」≫もしくは≪結界「夢と現の呪」≫にサポートを張り、序盤からグイグイ押して行きたいはず。
なのでこちらは呪力を十分に残しつつ、うまく立ち回ろうと思った。
相手は≪天罰「スターオブダビデ」≫を出し、早々に立ててエンドした。
こちらは次ターン、≪結界「夢と現の呪」≫を両方立ててエンドをする。
ここで相手が≪天罰「スターオブダビデ」≫に≪サーヴァントフライヤー≫をセットか・・・と思われたが引いておらず、パンチ→≪結界「夢と現の呪」≫で迎撃→2点1点となる。

さて、引いていないのならばここは逆襲のとき。
手札の≪式神:八雲藍≫を≪結界「夢と現の呪」≫にセットし、果敢に殴る。
相手は殴り合いには乗ってこず、≪天罰「スターオブダビデ」≫を立てて迎撃態勢に入った。
ここでは呪力をため、一刻も早く≪境符「四重結界」≫・≪罔両「八雲紫の神隠し」≫・≪紫奥義「弾幕結界」≫などの呪力を確保したいところ。
まあこちらは≪結界「夢と現の呪」≫で殴り続け、ライフ差をつけていく。

しかし、相手に≪紫奥義「弾幕結界」≫が起きて状況は膠着。
こちらも≪紫奥義「弾幕結界」≫で応戦し、互いの防壁でダメージがまるで通らなくなる。
2枚目の≪式神:八雲藍≫を≪紫奥義「弾幕結界」≫に設置するも、すぐ≪神隠し≫される。
ここでの1点勝負は大きいんですよねぇ・・・。
向こうも同じくセットしてきたが、今度はこちらが≪神隠し≫。

ライフが1ケタになったところで、お互いに≪結界「生と死の境界」≫を起動。
ここからはチキンレースとなり、最初に残り5になった方が発狂する権利を得る。
とはいえ、もちろんうかつに動けるはずも無い。
手札にある≪式神強化≫も、≪式神:八雲藍≫が無いと使用出来ないですし、
何より防壁3相手なので、≪幽明境を異にする≫を引いて来ないとまずい。
相手が問題な部分は、≪サーヴァントフライヤー≫を≪結界「生と死の境界」≫にセットすることで、ライフ調整+発狂し貫通を得てパンチ6点となってしまう。
正直時間が無いところだが、都合よく≪式神:八雲藍≫を引いて≪紫奥義「弾幕結界」≫でパンチ、相手のライフ残り6まで追い詰める。
次のターンに≪式神強化≫、もしくは≪幽明境を異にする≫を引けば勝てる・・・というところで、さっくりと引いてきて勝利。薄氷ながらも初戦を何とかものにした。

しかしk5さん、この後サブマリンで5-1に残り、見事入賞しました。
さすがです、おめでとうございます。

1-0


2回戦 弥一郎さん L:紫Lv4

相手を確認した瞬間、絶望感が走った。
ブログでも公開されているのですが、彼は紫Lv4の研究を重ねている方です。
そして、使うデッキはもちろん紫Lv4・・・。
紫vs紫では、互いに防壁が高く貫通が存在・・・いや、≪結界「生と死の境界」≫があるが、実質貫通は無いと言っていい。
なので、まともに≪紫奥義「弾幕結界」≫相手に打点を通すことが出来ないのだ。
しかし相手はLv4、紫はLv4なら≪紫奥義「弾幕結界」≫が発狂するために、せめて序盤で≪結界「夢と現の呪」≫で殴り倒して、一桁までライフを削る必要が出てくる。

初手・・・軽量スペルは無い。
まずいな・・・とは思うのだが、そんなことは言ってられない。
相手は≪逢魔が刻≫をセット、呪力をガンガン貯めていく。
こちらも呪力はもらうのだが、≪紫奥義「弾幕結界」≫を起こすくらい・・・いや、くらいなんて生易しいスペルでは無いとは理解している。
だが、相手の≪紫奥義「弾幕結界」≫は、はるか上を行くのだ・・・。

こちら≪紫奥義「弾幕結界」≫でパンチ→相手≪紫奥義「弾幕結界」≫受け→相手1点こっち0点。

相手≪紫奥義「弾幕結界」≫パンチ→こちら≪紫奥義「弾幕結界」≫受け→能力を起動→相手0点こっち3点

途中≪八雲卍傘≫を引くが、即座に叩き割られてしまう。
ライフの調整をしながら、何とかダメージを重ねていこうとする思惑は崩れた。
殴り合いの末、こっちが残り5点で≪結界「生と死の境界」≫を発狂させるも、相手はライフ15。
絶望の中を≪結界「生と死の境界」≫で殴りかかり、残り10点まで削る。
こちらはライフが残り2点で、手札には≪幽明境を異にする≫が。
このターンを凌ぎ、次のターンに≪式神:八雲藍≫を引いて付け、手札の≪式神強化≫を投げるしか、勝つ手段が無い。
しかしここで残念なお知らせが・・・。

弥一郎さん「≪睡眠≫を使用します」

先生、残りのライフが15点になってしまいました、もう挽回が不可能です!
≪式神強化≫が6枚無いと届かないのですが、残念あと4枚足りなかった。

1-1


3回戦 跡部様 L:妖夢Lv2 幽々子Lv2

シャアさんでした。どうみてもエターナル斬です。
妖夢相手なら、呪力を貯めて≪罔両「八雲紫の神隠し」≫で回避しつつ攻撃を仕掛けるのがベスト。
とりあえずは≪罔両「八雲紫の神隠し」≫を起こして、一発パンチを入れてみた。
次のターンに≪紫奥義「弾幕結界」≫を引いたので、殴るのをやめて呪力を貯める。
程よく貯まったところで≪紫奥義「弾幕結界」≫を起こして≪式神:八雲藍≫をつけてアタック。
次のターン、見事に≪紫奥義「弾幕結界」≫は永遠の世界へ送られてしまう。
仕方ないので、未来をにらみつつ≪結界「生と死の境界」≫に≪式神:八雲藍≫をセット。
再度パンチを始める。
向こうは≪精神統一≫・≪御庭番≫などで防壁を付けつつガード。
それでもさすがにパンチ力があり、じわじわとライフを削っていく。
だがこのカードも、永遠の世界へ送られてしまった。
ここでアウトかと思うのだが、何故か僕の手には≪式神:八雲藍≫がもう一枚ある。
残りの手札は≪幽明境を異にする≫・≪式神強化≫×3・≪パターン避け≫がある。
手札でも勝っているが、すでに場で詰むことに成功し勝利。

2-1


4回戦 上天さん L:レミリアLv3 紫Lv1

今度は上天か・・・。
リーダー開けてみると、レミリア3の紫1。
速度と破壊力が一体化したようなデッキである。
正直、ぐずぐずしてしまうと負けてしまうので、≪神術「吸血鬼幻想」≫があるのを承知で≪結界「夢と現の呪」≫を起こす。
相手は当然≪神術「吸血鬼幻想」≫を起こしたが、実は戦闘呪力を払うと決死コストが足りない。ここはパンチして2点ずつ。
再び≪結界「夢と現の呪」≫を起こしてエンド。
相手はもう一度≪神術「吸血鬼幻想」≫を起こしてきて、今度は呪力がある。
殴らずに相手の攻撃をもらい、呪力を貯めて≪紫奥義「弾幕結界」≫を起こす準備をする。
相手は一足早く≪「紅色の幻想郷」≫を立ててきて、返しのターンで≪紫奥義「弾幕結界」≫起動。
相手に≪畏怖すべき存在≫を使われて直撃を取られてしまう・・・が、なんとここでスペルが止まる。
ライフは9まで落ちたが、こちら呪力が余っている状態。
≪紫奥義「弾幕結界」≫で殴り、さらに≪結界「夢と現の呪」≫も起こしてターンエンド。
相手は≪「紅色の幻想郷」≫を起こしてもう一度≪畏怖すべき存在≫を≪紫奥義「弾幕結界」≫に使用。
能力まで起動して、僕の残りライフが2。
ただ相手の呪力は0なので、≪天罰「スターオブダビデ」≫が立ったままエンドした。
相手のライフが残り7、組み合わせからして防壁はありえない。
なので≪天罰「スターオブダビデ」≫に≪幽明境を異にする≫を使用し≪紫奥義「弾幕結界」≫直撃させて残り3。
3枚目の≪畏怖すべき存在≫を警戒し、さらに≪結界「生と死の境界」≫まで起こす。
次のターンに相手は投了して勝利。

3-1


5回戦 まどかひふみさん L:妖夢Lv1 幽々子Lv3

見た瞬間、お?と思った。
かなり珍しい型の組み合わせだが、正直≪人符「現世斬」≫に≪悉皆彷徨≫が着いたら大惨事が見える。
その辺りは気をつけよう・・・と思いつつ試合開始。

相手は序盤、ひたすら命中3のスペルをセット。
何故か本当に全部命中が3だった。
だが≪冥符「黄泉平坂行路」≫に≪悉皆彷徨≫がついたので≪神隠し≫を使用。
さらに安定して殴るため、≪森羅結界≫を設置。パンチして独壇場へ。
・・・さて、ここで思わぬ事態に遭遇することになった。

まどかさん「≪Lunatic≫をセットします」

さて、ここまで≪結界「動と静の均衡」≫で回避してた自分、一気に窮地に追い込まれる。
命中3のスペルが軒並み6になり、まるで回避できなくなってしまった。
この事態を何とかするには、方法が2つ・・・。

1:≪神隠し≫を引いてくる
2:バックダメージを重ねてライフを接近させる
3:もしくはその両方を実行

もちろん3を選択し、壁に≪結界「動と静の均衡」≫で≪人符「現世斬」≫を反撃。
だが、相手に貫通が存在し、防壁で受けられる以上未来が薄い。
何とかして≪結界「生と死の境界」≫を発狂させ、大ダメージを打ち込みたい。
しかし、僕のライフが残り5点になったときに≪対岸の誘い≫→≪人符「現世斬」≫でパンチ→≪一閃≫

ライフを0まで一気に持っていかれてしまい、敗北。
≪一閃≫がまさか入ってたとは・・・不覚。
この後、初めて間もない状態だったようですが、見事4-1-1で入賞されていました。
おめでとうございます。

3-2


6回戦 キリサキさん L:紫Lv3 レミリアLv1

今日2度目のデッキ。
内容は大体頭に入ってるから、今度こそ・・・
相手はスタートに、≪天罰「スターオブダビデ」≫を起動。
こちら返しに≪結界「夢と現の呪」≫を起動。
向こうは≪サーヴァントフライヤー≫セット・・・って・・・え?
殴りあうが、相手は≪天罰「スターオブダビデ」≫を起こせないことに気がつく。
気持ちはよくわかります。僕もそうして後悔した記憶ありますよ・・・w
こちらはその隙をみて呪力を貯める。
そして≪罔両「八雲紫の神隠し」≫を起こして、相手の動きを止める。

紫の呪力4以下の攻撃スペルは、軒並み命中4以下なため、≪神技「八方鬼縛陣」≫・≪神術「吸血鬼幻想」≫・≪罔両「八雲紫の神隠し」≫相手には、すごい苦戦を強いられるんです。
なので、僕も最優先でそれを行ってみたところ、やはり相手は止まった。
≪罔両「八雲紫の神隠し」≫で攻撃に転じ、相手のライフを削っていく。

しばらくして、1戦目にもあった不毛な≪紫奥義「弾幕結界」≫勝負に。
パンチ、1点0点!
だが≪式神:八雲藍≫を引いて状況が変わる。
1回攻撃を休んでしまったその隙に、≪睡眠≫を使用されてライフが並ぶ。
さらに≪式神:八雲藍≫も外され、互いに残りライフが7に。
こちらはそれでもパンチをして相手のライフを6にする。
ちなみに僕は≪紫奥義「弾幕結界」≫・≪結界「生と死の境界」≫が起きている。
相手は≪紫奥義「弾幕結界」≫2枚・≪結界「生と死の境界」≫がある。

ここで相手のターン、≪サーヴァントフライヤー≫設置。これでライフ5になった。
つまり≪結界「生と死の境界」≫が発狂してしまう。
だが少し考えて≪紫奥義「弾幕結界」≫に付けられた。
ここで考えられる最悪のコンボ

≪式神:八雲藍≫が発狂した≪結界「生と死の境界」≫へ→パンチ→≪式神強化≫

脳内で最悪のパターンがよぎるが、相手は≪紫奥義「弾幕結界」≫でパンチしてきた。
「あれ・・・これって≪紫奥義「弾幕結界」≫でこっちが受けても2点、≪結界「生と死の境界」≫は僕も発狂・・・?」

どうやら、痛恨のミスだったようでした。


4-2




今回、≪森羅結界≫自体は素晴らしい働きをしていた。
実際5戦目は、これ1枚でゲームを制圧できるかと思ったくらいでしたし。
妖夢や魔理沙には、かなり刺さりますね。

優勝は咲夜リーダーを使ったホントイさんでした。
長い期間咲夜を煮詰めていたので、花が開いて何よりだと思います。


僕もデッキ自体はいい感じで動いてたし、機能してたので、しばらくこの形で行こうかな・・・と思いつつ、紫Lv4相手の絶望的な戦況も気になるところでした。
さすがに勝利に持っていくには無理がある、といえばそうなんですけどねw

勝つには魔理沙と組ませて貫通・・・中々難しそうだなぁ。
≪幽明境を異にする≫の存在も大きいですし、悩みどころですね。


さて、最近僕は≪支配するもの≫デッキに少し凝っています。
次回考察してみる予定なので、もし組もうと思っている方の参考になれば・・・と思います。



長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。
それではまた・・・。
[PR]
by ex-luna | 2006-07-18 03:48 | レポート関係

幻想ノ宴公式大会


本家主催の大会へ参加してまいりました。
講習会もあるし、シャアさんが講師に招かれているということで、講習会から受けに行こうかと。
10:30開始なので、15分を目指して会場へ行くと・・・

うん、やっぱりすでに人がいる。だが思ったより少ないな。
僕が10人目くらいでした。
あまり道路を占有するのもアレなので、少し離れたところへ待機してると・・・
30分過ぎには30人オーバーの人数が集まっていましたw

会場入りし、講習を受ける。
2、3ほど疑問点及び言及が必要そうな項目へ質問をして、ルールの再確認をしてみた。
命中判定とダメージ判定の順番も知りたかったしね。


それからあ於威さんと一回対戦し、妖夢デッキの勉強をさせてもらう。
このことが、5回戦に大きく役立つことになりました。ありがとう、亜於威さんw



空いた時間で食事を済ませて、いざ大会へ。

参加したデッキは以前紹介した紫Lv3/レミリアLv1デッキ。
デッキはこちら



1回戦 nozooさん L:紫 「紫/レミリア/アリス/妖夢」

これは明らかに≪支配するもの≫をメインにしたデッキですねぇ。
とりあえず先手を確保、手札に≪結界「夢と現の呪」≫、≪式神:八雲藍≫もあるので、あせらず出してエンド。
相手は≪幽鬼剣「妖童餓鬼の断食」≫をセット、起こしてエンドしてきた。
向こうが殴り合いをご希望なので、こちらも2枚目の≪結界「夢と現の呪」≫を出し、
両方起こしてターンをエンドする。
相手は殴ってきて2点1点、スペルセットして≪幽鬼剣「妖童餓鬼の断食」≫を起こしてエンド。
ならばこちら、打点で上回ろうと≪式神:八雲藍≫を付けて颯爽とパンチ。
ダメージレースで優位に持っていく方向へ向かう。
2枚目の≪式神:八雲藍≫をセットしたところで、相手がさすがに困っている。
序盤から呪力を使ってしまったため、向こうはどうしても動きが重い。
こちらは呪力1で攻撃3・迎撃2のスペルで殴っているため、呪力には余裕がある。
≪神隠し≫で≪式神:八雲藍≫を1枚外されるが、すでに3枚目があるこの不思議。
ひたすら≪式神:八雲藍≫付き≪結界「夢と現の呪」≫で殴り倒して勝利。
ほぼ完璧に、コンセプトどおりに動いてくれました。

1-0


2回戦 ノルウェイさん L:魔理沙 「魔理沙Lv3/霊夢Lv1」

元リーフファイターとのことでした。どこかで当たったことあるかもですねw
さて困った、魔理沙が現れた・・・・・・。
じゃんけんにも負けてしまうが、手札には≪結界「夢と現の呪」≫が。
相手3ターン目先攻の≪高速詠唱≫+≪星符「ドラゴンメテオ」≫は、甘んじて受けるか。
だが、心配したようなことは無く、相手は2ターン目に≪光符「アースライトレイ」≫を起こした。
これで≪高速詠唱≫+≪星符「ドラゴンメテオ」≫の恐怖は一時的ではあるが解消。
この一発だけは≪結界「夢と現の呪」≫で受けて、手にある≪結界「動と静の均衡」≫のコスト+決死コストを準備する。
とりあえずは≪星符「ドラゴンメテオ」≫だけをひたすら警戒する日々。
しかし≪魔砲「ファイナルスパーク」≫が設置され、僕は内心一気に青ざめる。
手札に回避カードは無く、あれは直撃を受けざるを得ない。
だが、相手は≪星符「ドラゴンメテオ」≫を起こしてくる。
1発だけコストの関係上、直撃を受けた以外はほとんどのスペルをこれで回避する。
攻撃は≪結界「夢と現の呪」≫に≪サーヴァントフライヤー≫をくっ付けて叩く。
攻撃・迎撃の両方に呪力を裂けたので、大きな被害を受けることなく勝利。
だが、毎回起こしてきたのが≪星符「ドラゴンメテオ」≫ではなく≪魔砲「ファイナルスパーク」≫だったら、勝負はきわどいものになっていただろう。

2-0


3回戦 あきらんさん L:咲夜 「咲夜Lv1/魔理沙Lv3」

今度もリーフファイター、しかも現役ですねw
さて今度は先ほどより、さらに紫にとって厄介な組み合わせ。
紫がスペル単体で出せる回避は≪結界「動と静の均衡」≫による高速・低速1と≪罔両「八雲紫の神隠し」≫による回避+1で、最大4です。
つまりこれは、咲夜の能力を≪星符「ドラゴンメテオ」≫に使われると交わせないということであり、さらに言うなら≪魔砲「ファイナルスパーク」≫に至っては、これらのスペル+≪パターン避け≫をしてやっと決死に持ちこめると・・・つまり、すごくつらい相手。
とはいえ、困ってても仕方ないのでそれならばそれなりに打つまで。
手札には≪天罰「スターオブダビデ」≫・≪結界「夢と現の呪」≫・≪式神:八雲藍≫が。
これは、交わせないのならば殴り合いに持ち込むしかないとのお告げだ。
相手は2ターン目、≪光符「アースライトレイ」≫を起こした。
こちらは≪天罰「スターオブダビデ」≫・≪結界「夢と現の呪」≫を起こし、殴り合いを始める。
攻撃を≪天罰「スターオブダビデ」≫で捌き、こっちは≪式神:八雲藍≫を≪結界「夢と現の呪」≫に付けてパンチ。
スルーされたらそれを迎撃に回し、≪天罰「スターオブダビデ」≫に≪サーヴァントフライヤー≫を付けてパンチ。
ダメージレースで優位にもって行こう・・・・と思ったが、≪星符「ドラゴンメテオ」≫の一撃で振出しへ。
殴り合いの末こちら残りライフが8で残り呪力5、相手が残りライフ7の呪力2で、現在こちらの起動フェイズ。
僕の手札は3枚で、≪式神強化≫・≪式神:八雲藍≫・≪結界「生と死の境界」≫。
場はこっち、≪天罰「スターオブダビデ」≫が立っている。サポートは≪サーヴァントフライヤー≫。
寝ているカードは≪式神:八雲藍≫付き≪結界「夢と現の呪」≫、≪罔両「八雲紫の神隠し」≫、≪結界「生と死の境界」≫・≪結界「動と静の均衡」≫・≪式神「八雲藍」≫。
相手には≪星符「ドラゴンメテオ」≫・≪魔空「アステロイドベルト」≫など合計6枚。
さてここで、仮に僕が≪高速詠唱≫→≪星符「ドラゴンメテオ」≫と言われると、確実に2ターンで空を飛んでしまう。
そうでなくとも、防壁スペルが無い現状として≪光符「アースライトレイ」≫の次に≪星符「ドラゴンメテオ」≫で殴られてもジ・エンド。
これを打開し、なおかつ勝利へ結びつける方法を考えなくてはならない。
次のターンに引くカードに賭ける前に、今の手札に勝利への布石があることに気が付いた。

1:≪式神強化≫を生かす
これは≪結界「動と静の均衡」≫を起こし、さらに≪結界「夢と現の呪」≫を起こす。
次のターン、相手が≪高速詠唱≫で殴ってくるとしても≪光符「アースライトレイ」≫で殴るにしても、≪結界「動と静の均衡」≫のバックで2点返せる。
ここでもちろん、≪星符「ドラゴンメテオ」≫で≪式神強化≫を抜かれればアウトだ。
しかしそれが無ければ、次のターンに≪結界「夢と現の呪」≫パンチ、≪式神強化≫で5点の合計7点。

2:≪結界「生と死の境界」≫を起こし、≪式神:八雲藍≫をつける。
一見、不思議に思うかも知れないが、これには隠された(?)能力が。
まず相手のスペルを≪天罰「スターオブダビデ」≫で迎撃。
バック1点を返す。
これで僕のライフは≪光符「アースライトレイ」≫で残り5点、≪高速詠唱≫から≪星符「ドラゴンメテオ」≫を起こして殴られたら残り2点となる。
つまりどの道≪結界「生と死の境界」≫は発狂する。
これで得た貫通・攻撃+1・命中+3を活かして自ターン、≪式神:八雲藍≫セットパンチ6点で決める。

この2択では、≪魔空「アステロイドベルト」≫が相手の場に存在する以上、後者でしかない。
僕がやられてはいけないことは、≪高速詠唱≫→≪星符「ドラゴンメテオ」≫→≪式神:八雲藍≫を抜かれることだ。
だが、最後の2/3がきっと僕を助けてくれるに違いない!

相手のターン
≪高速詠唱≫→≪星符「ドラゴンメテオ」≫パンチ→≪式神:八雲藍≫を引っこ抜く

見事にすっぱ抜かれてしまいました(つД`)
だが次のターン、≪式神:八雲藍≫か≪サーヴァントフライヤー≫を引けばいける。
ここで引ければ・・・・・・って、そんな運があれば、きっと今メテオで抜かれてないですよねw
ドローは≪神隠し≫でした。

2-1


4回戦 「内藤さん来てくれたんですね」さん L:咲夜 「咲夜Lv1/レミリアLv3」

さて、またもや咲夜なわけですが・・・。
相手先攻、1ターン目からいきなり≪天罰「スターオブダビデ」≫を起動してくる。
こちらも≪天罰「スターオブダビデ」≫で受ける。
それを3ターン繰り返し、相手は≪紅魔「スカーレットデビル」≫を起こしてきた。
1回目の≪紅魔「スカーレットデビル」≫は≪天罰「スターオブダビデ」≫で迎撃。
≪境符「四重結界」≫を引けないのは痛いが、今度は≪罔両「八雲紫の神隠し」≫
で迎撃。手札にある≪パターン避け≫がうなるぜ!

≪紅魔「スカーレットデビル」≫で攻撃→≪罔両「八雲紫の神隠し」≫で受け→能力起動(命中+1)→≪パターン避け≫→≪離剣の見≫(つД`)

≪「紅色の幻想郷」≫がセットされ、もうこれ以上凌ぐ手立ては無い。
その前に倒さなくてはならないが、残り15点の咲夜を削る方法は皆無でしかないw
内藤さん~の談「完璧でした」
気持ちいいくらいに完敗です、ありがとうございました。

2-2


5回戦 まがとろさん L:妖夢 「妖夢Lv2/幽々子Lv2」

ふむ、エターナル斬(シャアさん命名)か。
ハンドルからして、アリスだろうなと予想していただけに、蓋を開けてみると意外な構成に驚く。
相手は≪幽鬼剣「妖童餓鬼の断食」≫を起こしてくるが、こちらは≪結界「夢と現の呪」≫で迎撃。攻撃はせずに呪力を貯める。
≪罔両「八雲紫の神隠し」≫を引き、呪力が安定したところで≪式神:八雲藍≫セット。
相手の迎撃が軒並み3なので、ひたすら≪罔両「八雲紫の神隠し」≫でパンチ。
相手も呪力を貯めるためか、命中3のスペルを起こしてくる。
さらに≪ボーダーオブライフ≫がセットされ、≪人世剣「大悟顕晦」≫・≪六道剣「一念無量劫」≫などが起き始める。
一生懸命こっちも削りに行くが、≪永遠を斬る≫で≪罔両「八雲紫の神隠し」≫が割られる。
≪結界「生と死の境界」≫を起こして変わりに殴りに行く。
だが相手の≪精神統一≫・≪御庭番≫などの防壁に阻まれてる。
こっちのライフが8、相手は≪人世剣「大悟顕晦」≫を起こしている。
ここで≪式神:八雲藍≫と≪サーヴァントフライヤー≫があるが、あえて≪サーヴァントフライヤー≫を設置する。≪式神強化≫も手札にある。
相手の場には≪人世剣「大悟顕晦」≫があり、残りライフが10。
≪サーヴァントフライヤー≫でこちらライフが7になりパンチ。
相手は≪人世剣「大悟顕晦」≫で受け、防壁+2する。
こちらライフ5・呪力24。相手ライフ7の呪力が1か2。
ライフが5なので、発狂した≪結界「生と死の境界」≫を3枚全て起こす。
貫通が付き、防壁が意味をなくしているので、相手は起こすスペルを考える。
だが、今こちらが最も恐れているのは≪永遠を斬る≫だ。
≪ボーダーオブライフ≫で回復してライフが8になり、こちらは手札の≪式神:八雲藍≫を≪結界「生と死の境界」≫にセット、≪式神強化≫で合計8点を入れられる。
だが、≪永遠を斬る≫を≪式神:八雲藍≫をつけた方へ打たれると状況が変わってしまう。
それを恐れていたが、どうやら呪力7以下にしてスペルを立てたことから≪永遠を斬る≫は無いようだ。
安心して≪式神:八雲藍≫→≪結界「生と死の境界」≫パンチ→≪式神強化≫で8点打ち込み勝利。

3-2


6回戦 ユージンさん L:霊夢 「霊夢Lv3/紫Lv1」

初手にスペルは2枚。
少々心細いが、≪結界「夢と現の呪」≫があるので先攻を確保。
≪結界「夢と現の呪」≫をセットしエンドすると、相手も≪結界「夢と現の呪」≫をセット、そして起こしてくる。
こちらは≪式神:八雲藍≫をセットし、2点ずつでダメージ優位に立つ。
しばらくこのまま殴り、相手の≪天賦の才≫を2回≪神隠し≫で破壊する。
向こうは呪力が貯まらず、こちらはひたすら殴り続けるが、残り4点まで追い詰めたところで≪無題「空を飛ぶ不思議な巫女」≫が起きてしまう。
こちらも殴って相手の手札を浪費させ、≪八雲卍傘≫でダメージを調節し≪結界「生と死の境界」≫を発狂させる作戦に出る。
だがそれを敢行しようというところで、相手から≪神隠し≫が≪八雲卍傘≫へ。
これはまずい・・・と思いつつも、ライフが残り4になって≪結界「生と死の境界」≫が発狂。
相手の手札が3枚なので、殴ってとりあえず≪パターン避け≫・≪無重力≫が無ければ・・・と思う。
だが、そんなはずも無く≪無重力≫を使用されてゲームエンド。

3-3


大会の総括として、レミリアと魔理沙が上位卓に目立っていた気がします。
この2キャラは問答無用な攻撃力を誇り、今多い紫の防壁などを容易に貫く強さがあります。
それが今回、むしろ最近の躍進の原動力になっているのかもですね。

こちらは速攻と銘打ってみましたが、中々うまくいかないものです。
回るときは確かにウィニーとなるのですが、その分強イベントを削ってしまっているので、
後半それが響いてしまっているなぁ、と思います。
後は、環境的に紫が厳しいのもあるかもしれないですね。
厳しい環境に立たされている、ってことはそれだけ強いからメタを張られているとも言えますが・・・。
何か別タイプのデッキでも考えてみようかな、と思います。


さて、1回戦で対戦した方のデッキ。
これをアリスLv1/霊夢Lv2/レミリアLv1で組んだらどうなるかなぁ・・・。
面白くなりそうな予感が少しします。
レミリアリーダーにして、無重力と言いたい気もしますが、それは作ってからですね。

次に書くレシピはその辺りを予定しております。
どうもここまで読んでくださった方々、また参加された方々ありがとう&お疲れ様でした。

また、主催の方々も本当にお疲れ様でした。次回もよろしくお願いいたします。




PS

対戦相手の方々へ、もしレポートに何か違った点等ありましたらご指摘ください。
メモを取っておりましたが、所々抜け落ちている部分があるかも知れません。
確認次第修正しますので、どうかご了承ください。
[PR]
by ex-luna | 2006-07-10 03:48 | レポート関係

紫デッキ

リーダー:紫(Lv3) サポート:魔理沙(Lv1)


スペル(8種24枚)
(紫:7種21枚)
≪結界「夢と現の呪」≫:3
≪結界「動と静の均衡」≫:3
≪境符「四重結界」≫:3
≪式神「八雲藍」≫:3
≪罔両「八雲紫の神隠し」≫:3
≪結界「生と死の境界」≫:3
≪紫奥義「弾幕結界」≫:3

(魔理沙:1種3枚)
≪光符「アースライトレイ」≫:3


サポート(3種7枚)
≪イリュージョンレーザー≫:3
≪八雲卍傘≫:1
≪式神:八雲藍≫:3


イベント(3種9枚)
≪神隠し≫:3
≪パターン避け≫:3
≪式神強化≫:3


対防壁型にメタを張った仕様。
≪式神「八雲藍」≫に、≪イリュージョンレーザー≫をつけて殴ると
≪式神強化≫で膨大なダメージを狙えます。華麗に≪パターン避け≫されなければw
まあ、≪紫奥義「弾幕結界」≫につけて確実に4点入れるのがベストですね。
今流行の紫・妖夢と戦えるかな、と思います。
レミリア相手はつらいことになるかもですが・・・w



リーダー:紫(Lv4)


スペル(8種24枚)
(紫:8種24枚)
≪結界「夢と現の呪」≫:3
≪結界「動と静の均衡」≫:3
≪境符「四重結界」≫:3
≪罔両「ストレートとカーブの夢郷」≫:3
≪式神「八雲藍」≫:3
≪罔両「八雲紫の神隠し」≫:3
≪結界「生と死の境界」≫:3
≪紫奥義「弾幕結界」≫:3


サポート(4種7枚)
≪八雲卍傘≫:1
≪式神:八雲藍≫:3
≪逢魔が刻≫:2
≪ネクロファンタジア≫:1


イベント(3種9枚)
≪神隠し≫:3
≪パターン避け≫:3
≪式神強化≫:3


≪睡眠≫の投入も、正直考えた。
≪睡眠≫は、使う前のターンにスペルを3枚起こす必要がある。
理由は、まず起こした返しのターンに受けて1枚。
自分のターンに≪睡眠≫ターンエンド。
返しのターンに受けて2枚。
自分のターンに殴るスペルがあるので3枚。
・・・・・・いや、悪くないんじゃないか?
連発は出来ないが、防壁と重ね合わせればお釣りが出そうな気もする。
1枚か2枚、投入を考えてみようなんて気にもなるが、とりあえずはこれで。

≪逢魔が刻≫と≪ネクロファンタジア≫を分けて投入。
≪逢魔が刻≫は積極的に配置し、≪ネクロファンタジア≫は局地的な意味合いで。
Lv4やLv3・1のデッキが多い現環境では、≪ネクロファンタジア≫を抜いて1枚≪睡眠≫でもいいかも。

ですが、ここで存在が微妙と思われてる≪ネクロファンタジア≫・・・。
≪ネクロファンタジア≫の配置呪力は5。これを張った上でLv2以上のスペルを起こすには、
呪力は最低8必要になります。
呪力8を使えるようになるには、最低紫の場合4ターンかかります。
まあ4ターン目に配置することはあまり無いでしょうが、この先のターンになると、
相手も当然Lv2・3の強いスペルを配置して立てるようになります。
特に攻撃時などは、紫相手ならば防壁がうざったいです。
そうなると必然的にLv2以上の能力・攻撃力ともに優秀なスペルを起こすでしょう。

それを考えると、結局意味無いじゃん?ってことになるように思えます。
特にLv3・1配分やLv4配分が多いこの現環境では、それを余計に感じるやも知れません。
ですがこれは、あくまで「殴られている自分」という視点から見た結果です。
さて、ここでLv2以上のスペルを起こした場合の、残り呪力との兼ね合いに目を向けてみましょう。

紫のメリットは、サポートを先張りできることと、防壁力にあります。
なので相手は、攻撃力の高いスペルで殴りたい訳ですよ。
でもそういうスペルって、呪力高い・・・もしくは追加コストで強くなるはずですね。
さてそうなると、防御に回す呪力はなるべく抑えたいところ。
出来れば呪力1か2で受けたい気もします。
ですが、その呪力帯のスペルってLv1なんですよね・・・?

こっちが≪境符「四重結界」≫や≪罔両「八雲紫の神隠し」≫をしっかり引き、
うまく呪力配分をしていれば、≪ネクロファンタジア≫が思わぬ活躍をするかも・・・。

なんて、神嶋から話を聞いてようやくここに思い当たったんですけどねw
ほぼ毎日幻想ノ宴について話してると、いろいろ考えが巡ってきます。


・・・その分、色々なことがおろそかになった気がしないでもないですが。
[PR]
by ex-luna | 2006-07-06 13:27 | デッキ製作

レミリア3 霊夢1

リーダー:レミリアLv3 サポート:霊夢Lv1


スペル(8種24枚)

(レミリア:7種21枚)
≪天罰「スターオブダビデ」≫:3
≪必殺「ハートブレイク」≫:3
≪冥符「紅色の冥界」≫:3
≪神罰「幼きデーモンロード」≫:3
≪神術「吸血鬼幻想」≫:3
≪紅魔「スカーレットデビル」≫:3
≪「紅色の幻想郷」≫:3

(霊夢:1種3枚)
≪夢符「二重結界」≫:3


サポート(3種8枚)
≪博麗アミュレット≫:2
≪調伏≫:3
≪亡き王女の為のセプテット≫:3


イベント(3種8枚)
≪パターン避け≫:3
≪デーモンロードウォーク≫:2
≪畏怖すべき存在≫:3



高速・低速移動対策に、アミュレット投入。
霊夢と組んでいるので≪調伏≫も入れてみた。

この形なら、≪紅符「不夜城レッド」≫で回避を狙うのもありのようだ。
攻撃に向かうなら、≪調伏≫を削って≪紅魔館の主≫でもいいらしい。
理由は確実に≪「紅色の幻想郷」≫を持ってくるため。


さて、どう改築していこうか・・・。




レシピだけ増えていってデッキが固まらない、弱い自分がいますw
今デッキ5つあるしなぁ・・・。もう1セット揃えないといけないようです。
[PR]
by ex-luna | 2006-07-05 03:38 | デッキ製作

メモメモ

デッキ名:ノーフライヤー

リーダー:レミリアLv3 サポート:魔理沙Lv1

スペル(8種24枚)
(レミリア7種21枚)
≪天罰「スターオブダビデ」≫:3
≪必殺「ハートブレイク」≫:3
≪冥符「紅色の冥界」≫:3
≪神罰「幼きデーモンロード」≫:3
≪神術「吸血鬼幻想」≫:3
≪紅魔「スカーレットデビル」≫:3
≪「紅色の幻想郷」≫:3
(魔理沙1種3枚)
≪光符「アースライトレイ」≫:3

サポート(3種7枚)
≪イリュージョンレーザー≫:3
≪亡き王女の為のセプテット≫:3
≪吸血≫:1

イベント(3種9枚)
≪パターン避け≫:3
≪デーモンロードウォーク≫:3
≪畏怖すべき存在≫:3


デッキ案提供者のホントイから許可が出たので、オープンしてみました。
「サーバントフライヤー入れない方が強くね?」って言葉から出来たデッキ。
必要なカードを上から3枚ずつ入れてみたらこうなりました。
このデッキの肝は、最強スペルである≪「紅色の幻想郷」≫を引き立たせること。
それまでをいかにしのぎ、そして幻想郷を生かすか。

まだ試作段階なので、これから試行錯誤していこうかな、と。
[PR]
by ex-luna | 2006-07-03 16:39 | デッキ製作

紫(Lv3)の相方

大会参加された方、お疲れ様です。
僕は所用のため参加を見送りました(つД`)

さて、僕は今まで、紫Lv3に幽々子Lv1を加えてデッキを作ってました。
理由は≪幽明境を異にする≫の存在。


ですが、ここで他のキャラをサポートにした場合はどうなるか。
あまり考えてなかったのですが、先ほどメッセンジャーでメンバーと会話して、
少し考えてみようかなと、記事にしてみることにしました。



1:霊夢と組んだ場合

スペル:≪夢符「二重結界」≫
サポート:≪調伏≫

デッキ的に、回避を試みることが可能に。
ディフェンシブな作りを、軽量コストで行うことが出来ます。
かなり使い勝手のいい組み合わせと言えるかな、と。


2:魔理沙と組んだ場合

スペル:≪光符「アースライトレイ」≫≪恋符「ノンディレクショナルレーザー」≫
サポート:≪イリュージョンレーザー≫

スペルは、≪光符「アースライトレイ」≫≫と≪恋符「ノンディレクショナルレーザー」≫。
多分≪光符「アースライトレイ」≫を選びますが・・・、一番のメリットはやはり貫通が付く≪イリュージョンレーザー≫。
貫通はこのゲーム、今防壁がすごく有効活用されている現状で、打開策となる能力と思います。
時代を見るのなら、ありか・・・?


3:咲夜と組んだ場合

スペル:≪奇術「ミスディレクション」≫≪幻象「ルナクロック」≫≪幻幽「ジャック・ザ・ルドビレ」≫
イベント:≪離剣の見≫≪ナイフ回収≫

スペルはなかなかに充実。低呪力での防御なら≪幻象「ルナクロック」≫、命中を重視するなら≪幻幽「ジャック・ザ・ルドビレ」≫だが・・・?
イベントとしては≪離剣の見≫は優秀・・・だが、現状霊夢以外そこまで困らない気はする。
≪ナイフ回収≫は、神隠しを再回収できるのが強み。痒いところに手が届きそう。


4:妖夢と組んだ場合

スペル:・・・・・・
イベント:精神統一

これは正直微妙といわざるを得ない。
命中補正が無い紫で、命中3のスペルを採用するのはなかなかに厳しい。
あえて言うなら、命中をあげられる≪幽鬼剣「妖童餓鬼の断食」≫か、
防壁のある≪獄界剣「二百由旬の一閃」≫辺りだろうけど・・・。
≪罔両「ストレートとカーブの夢郷」≫よりはいいのか?
イベントの精神統一は、防壁2はありがたいが、同じ守るなら≪八雲卍傘≫と思う。
少々組み合わせてメリットを生み出すには、厳しいキャラ。


5:レミリアと組んだ場合

スペル:≪天罰「スターオブダビデ」≫
サポート:≪サーヴァントフライヤー≫
イベント:≪デーモンロードウォーク≫

さて、これは攻撃特化になりそうです。
≪結界「夢と現の呪」≫、≪天罰「スターオブダビデ」≫の軽量スペルに≪サーヴァントフライヤー≫などを付けて序盤から押せ押せのタイプ。
そのアドバンテージを紫の防壁で守っていけば、十分勝ち得ます。
≪デーモンロードウォーク≫は、魔理沙が流行ったらかなり強いですね。
集中スペルは基本的に命中があまり高くないですし。
霊夢とは対照的なタイプです。


6:アリスと組んだ場合

スペル:≪魔符「アーティフルサクリファイス」≫

ごめんなさい(爆)


7:幽々子と組んだ場合

スペル:≪亡郷「亡我郷」≫
サポート:≪蝶弾≫
イベント:≪幽明境を異にする≫≪胡蝶夢の舞≫

現在のデッキです。
サブで入れるスペルは、命中が安定している≪亡郷「亡我郷」≫です。
イベントは≪幽明境を異にする≫をいれ、状況によっては≪胡蝶夢の舞≫もありかもですが、悲しいことに拡散って、命中が高めなんですよね。


8:紫と組んだ場合

スペル:≪罔両「ストレートとカーブの夢郷」≫
サポート:≪ネクロファンタジア≫≪逢魔が刻≫
イベント:≪睡眠≫

紫Lv4、つまり紫単騎です。
これに関しては、石川K氏や弥一郎氏が現在組まれていますが。
紫がLv4になることで、まず≪紫奥義「弾幕結界」≫が発狂します。
起動7コストの能力起動3コストと、実に10コストとすごい消費ですが、その価値があるかも知れません。
紫単なので、呪力が重いこともありスペル8種24枚全部入れたいところ。
残り16枚をどう割り振るか・・・ここは考え方の分かれるところですね。



単純に強そうなのが、レミリアですね。
まず各カードが根本的に腐りにくいのが利点でしょうか。
貫通持ちに、速度で勝負を挑めますしね。
あとは時代として魔理沙もよさそうですねぇ。
霊夢も捨てがたいところですが・・・。
大会で紫・幽々子と紫・霊夢が好成績を収めてる環境から、自分からサポートを貼っていける
レミリア辺りが一番なんでしょうかね。

とりあえずはレミリアにして改築してみようと思います。
[PR]
by ex-luna | 2006-07-02 19:41 | デッキ考察
リーダー:八雲紫(Lv3) サブ:レミリア・スカーレット(Lv1)


スペル(8種類24枚)

(紫:7種21枚)
≪結界「夢と現の呪」≫:3
≪結界「動と静の均衡」≫:3
≪境符「四重結界」≫:3
≪式神「八雲藍」≫:3
≪罔両「八雲紫の神隠し」≫:3
≪結界「生と死の境界」≫:3
≪紫奥義「弾幕結界」≫:3

(幽々子:1種3枚)
≪天罰「スターオブダビデ」≫:3


サポート(3種7枚)

≪サーヴァントフライヤー≫:3
≪八雲卍傘≫:1
≪式神:八雲藍≫:3


イベント(3種9枚)

≪神隠し≫:3
≪パターン避け≫:3
≪式神強化≫:3


うわぁ・・・すっげぇ単純なんだけど(爆)
でも、他に入れるとしてもなぁ・・・って感じもしますね。
可能性あるとすれば、≪デーモンロードウォーク≫です。
後は、サポートで何かを入れるくらいですが・・・とくに他には欲しいもの無いですね。
しいて言えば≪Lunatic≫でしょうけど・・・うーん。

他のバージョンも試してみたいですね。
[PR]
by ex-luna | 2006-07-02 19:30 | デッキ製作